TOPICS


TOP » シスメックスブログ

シスメックスブログ

シスメックスの広報担当者たちが、マラソンに関する豆知識や最新のトピックスなどを随時発信していく「シスメックスブログ」!
あなたに役立つ情報もきっとあるはず!ぜひ、お見逃しなく!

2011/06/21
よく分かる!おはなしシリーズを公開!!

皆さんは、貧血の症状がめまいや顔面蒼白だけではないことをご存知ですか?
メタボ(メタボリックシンドローム)って、どのような基準で判断されるか知っていますか?

このブログでもご紹介しましたが、シスメックスは医療、検査の分野で事業展開をしています。
健康を支える企業として、皆さんの健康管理に少しでも役立てていただくため、
シスメックスのホームページでは、「よく分かる!おはなしシリーズ」と題して、
貧血やメタボリックシンドロームの症状や原因、予防方法や対策などについて絵本形式で分かりやすくご紹介しています。

よく分かる!おはなしシリーズはこちら 
http://www.sysmex.co.jp/sysmex/aboutsysmex/booklet/index.html

かわいいイラストで楽しみながら健康について学べますよ。
ご興味のある方はぜひご覧くださいね。

2011/06/13
シスメックス学術セミナーを開催しました

みなさん、シスメックスは何をしている会社かご存知ですか?
シスメックスは、医療、検査の分野で事業展開しています。
皆さん、病院や会社、学校の健康診断で血液検査をしますよね?
その検査に使う機器、試薬の開発、生産、販売、サービス&サポートをしています。
そのサービス&サポート活動の一環として、お医者さん、検査技師さん、看護士さんなどの医療従事者の方々を対象とするセミナーや勉強会を開催し、日々進歩する医療について情報発信しています。

シスメックスの学術活動のご紹介はこちら http://www.sysmex.co.jp/sysmex/csr/social/academic.html

毎年開催している「シスメックス学術セミナー」を6月11日(土)に開催しました。
テーマは「がんのゲノムとエピゲノム」。
メイン会場は神戸、東京の2箇所。そして仙台、福岡にサテライト会場、青森、金沢、松本、米子、松山にもミニ会場を設けて、なんと全国9会場で同時中継という大規模なセミナーです。
大変大勢の方にご参加いただき、大盛況でした。

医療を支える企業として、人々の健康に貢献したいという願いは、神戸マラソンに対する想いも同じ。
事業を通じて、神戸マラソンを通じて、人々の健康を少しでも支えていきたいと思います。

2011/06/07
JR元町駅前で神戸マラソン開催日までカウントダウン!~残日計登場~

JR元町駅の駅前に神戸マラソン開催日までの日数をカウントダウンする残日計が登場しました!
さわやかな空の中を走る神戸マラソンのイメージキャラクター マラソンはばタンの姿が目を引きます。
歩きながら残日計を見ている人や残日計の前で待ち合わせをしている人も見かけました。

 
今日は、開催まで166日です!

 
JR元町駅前すぐにあります

マラソンはばタンとともにカウントダウンしながら神戸マラソン開催を心待ちにしています!!

2011/06/06
神戸の街を駆け抜ける、神戸マラソンのコース&神戸の街紹介 第2弾 ~新長田 鉄人28号編~

前回の神戸マラソンのコース&神戸の街紹介 第1弾では、神戸マラソンのスタート地点でもある神戸市の中心地をご紹介しました。
第2弾の今回は、スタート地点から西に約6.6kmのところにある新長田をご紹介します!

新長田と言えば、鉄人28号モニュメントが有名です。
神戸市出身の新長田にゆかりのある横山光輝さんの作品である「鉄人28号」の魅力でまちを盛り上げようと2009年9月に設置され、今では新長田のシンボルとなっています。
驚くのは、なんといってもその大きさ。
身長(高さ)は約15.3m、ウエスト周り約20m、顔の高さ約2.2m、足のサイズは約4m、という巨大モニュメントです。

 

©光プロ/KOBE鉄人PROJECT2009-2011

神戸マラソンのコースからは後ろ姿が見えるかも。

©光プロ/KOBE鉄人PROJECT2009-2011

巨大な鉄人28号の後姿がマラソンを走るランナーの皆さんに元気をくれそうですね。
ぜひ神戸 新長田の顔、鉄人28号に会いに行ってみてくださいね。

2011/06/01
ランナーを支えるボランティアの募集が開始されました。

本日より神戸マラソンをお手伝いいただく個人ボランティアの募集が開始されました。

神戸マラソンのランナーは2万人。
2万人のランナーが楽しく、安全に走るためには、会場誘導やランナーの手荷物預かり、給水、沿道の整理やイベントの運営、救護、外国語通訳などさまざまなところでボランティアの力が必要です。

走るのはちょっと・・・と思っている皆さん、ぜひボランティアという形で神戸マラソンに参加してみませんか?

募集定員は、一足早く募集を始めていた10人以上の団体ボランティアとあわせて合計6千人。定員に達した時点で募集は締め切られるそうです。
ランナー、ボランティア、応援する人、みんなで神戸マラソンを作り上げていきたいですね!

2011/05/25
神戸マラソンの申込者数は、なんと7万7,421人!

5月20日(金)にエントリー締め切りを迎えた神戸マラソン。
なんと、申込者数は定員2万人に対し、7万7,421人。倍率は3.9倍になりました。

フルマラソンは定員1万8,000人に対して、6万5,934人で抽選倍率は3.7倍。
クォーターマラソンは定員2,000人に対して、1万1,487人の応募があり、抽選倍率は5.7倍。

マラソン人気は本当にすごいですね。

抽選結果は6月30日から順次メールや郵送で通知されます。
応募されたランナーの皆さん、当選を祈っています!!

2011/05/20
本日、神戸マラソンへのエントリー締め切りです!

本日、5月20日(金) 17時が神戸マラソンへのエントリー締め切りです。
既にエントリー数は7万人を超えているそうですが、抽選なのでまだチャンスはあります!
応募するのを忘れていた!ということがないようにお気をつけくださいね。

そして、今日でちょうど神戸マラソン開催まで、あと6ヶ月です。
神戸の街を2万人のランナーが神戸マラソンを走る日が楽しみです!!

2011/05/18
神戸マラソンのランナー募集、締め切り迫る!

ランナーの皆さん、神戸マラソンへの申し込みはお済みでしょうか?
神戸マラソンの募集は、インターネットからは5月20日(金)17時までです。

私の周りにも、走りたい!という人たちがたくさんいます。
中には、マラソン初挑戦のランナーも。新たなことに挑戦するのは素晴らしいことですよね。

このシスメックス神戸マラソンスペシャルサイトのトップページに
「挑戦というスタートの先には進化というゴールが待っている。」というメッセージがあります。
進化を目指して挑戦する人を私たちは応援したいと思っています。

ぜひ皆さん、挑戦し、そして、楽しみましょう!
まずは神戸マラソンへの申し込みをお忘れなく。

2011/05/16
神戸まつりで神戸マラソンをPR!!

5月15日(日)に神戸まつりが開催されました。
神戸まつりは毎年この時期に開催されている市民参加型のおまつりです。
普段は車が行き交う神戸の中心部 三宮駅前の大通りに、たくさんのブースや屋台が並び、どこもかしこも人、人、人・・・で、活気にあふれていました。
今年は、東日本大震災の被災地への支援として、東北大物産展も開催。
阪神・淡路大震災を経験した神戸だからこそ、「神戸から愛と元気を」伝えたいという思いで開催されました。

その神戸まつりで、私たち神戸マラソンの関係者も「第1回神戸マラソン」をPR。
来場された皆さんは、パンフレット片手に、ブースに展示した神戸マラソンのコース模型に興味津々。
「パパ、神戸マラソンに出たら?」と話している親子の姿もありました。

神戸まつりでの神戸マラソンPRブース
神戸まつりでの神戸マラソンPRブース
神戸マラソン2011コースMAPパネル
神戸マラソン2011コースMAPパネル

神戸まつりのパレードでは、ダンスチームKIRARAと一緒に神戸マラソンをアピール。
神戸マラソンのイメージキャラクター「マラソンはばタン」も駆けつけ、神戸マラソンに向けて盛り上がりを見せていました。

パレードでの神戸マラソンPR
パレードでの神戸マラソンPR
マラソンはばタンも登場
マラソンはばタンも登場
2011/05/13
神戸マラソンPRブースにシスメックスの製品 「ASTRIM」 が登場!!

5月15日(日)に開催される神戸まつりにあわせて、本日、神戸市中央区の三宮駅前地下街「さんちか・夢広場」に、神戸マラソンのPRブースが開設されました。
神戸マラソンのコースを再現した立体模型や紹介パネルの展示とともに、シスメックスの製品「ASTRIM」(アストリム)が登場!

「ASTRIM」は、採血することなく、指をかざすだけで血液中のヘモグロビン量をわずか20秒ほどで測定できるという装置。
ヘモグロビンは体内に酸素を供給する大切な役割を持ち、貧血の診断に使われる項目の一つです。
ヘモグロビン量が基準値より少なければ貧血かもしれません。貧血になると疲労感や動悸、息切れ、めまいなどの症状が現れます。(※「ASTRIM」は医療機器ではないため、診断には使用できません。)

特に、日々栄養状態やコンディションを管理することが必要なマラソンランナーやアスリートの方は、自分の体調を知る一つの指標としてヘモグロビン量の測定をすることが多く、採血せずにヘモグロビン量が簡単に測定できる「ASTRIM」が、陸上競技部やスポーツチーム、フィットネスクラブなどで活用されています。

「ASTRIM」の詳細はこちら http://www.sysmex.co.jp/astrim/index.html

もちろん、アスリートでなくてもヘモグロビン量を知ることは体調管理に役立ちます。
神戸マラソンのPRブースに設置した「ASTRIM」では、たくさんの人がヘモグロビン量の測定を行っていました。
痛くもかゆくもなく、指を置くだけで測定できる「ASTRIM」に皆さん興味津々。
結果を見ながら、栄養士さんから栄養改善などのアドバイスを受けていました。
日頃の食生活や運動習慣など健康管理を考えるきっかけとしてもいいですね。

「ASTRIM」で測定中
「ASTRIM」で測定中
神戸マラソンPRブース神戸マラソンPRブース
神戸マラソンPRブース

本日に引き続き、明日も「ASTRIM」は三宮駅前地下街「さんちか・夢広場」に設置されます。
ヘモグロビン量を測ってみたいという皆さん、ぜひお越しください。

1 2 3 4 5