TOPICS


マラソン挑戦奮闘記

...

2017年10月4日

脳もトレーニングしよう

今回は自戒を込めて過去の恥をさらします。今回は「脳」について書かせて頂きます。

添付したデータは、昨年の白山白川郷ウルトラマラソンという大会に出たときの終盤のデータです。100kmのレースだったのですが、私のGPS腕時計は誤差が出てしまい、101.3km走ったことになっています。実際に走っていた時は、GPS上では100kmを超えたのに、コースにはあと1kmと書いてある。とてもしょげたのを憶えてます。

その後も本人は一生懸命走っている、筈なのですが、データを見ると100kmを超えた後に極端にペースが遅くなっていることが判ります。(9’22”/km→22’00”/km)。
最後の1kmがやけに長く感じていましたが、ここまで走れていないとは後でデータを見て知りました。22’00″/kmというのは、、歩いてもこんな遅いスピードはありえません。情けない・・・
この時私の脳は、「これが全力」「これ以上早く走れないよ」と発信していたのです。

(白山白川郷ウルトラでの終盤のデータ)

※見づらくてすみません。画像の一番右がペースに関するデータです。

対して、今年は6月に飛騨高山でのウルトラマラソン(同じく100kmの部)に参加してまいりましたが、終盤で(今から頑張れば、ゴールタイム13時間を切れるかも)と希望を持った途端、9分以上のペースから一気にスピードアップ、6’00”/kmペースで走りきれてしまいました。
9分ペースで走っていた時はすごく足が痛いような気がしていたのですが、実際には痛みもなくラストスパートできたのですから、またしても脳に騙されたのです。

特に私の脳はサボりたがり。練習を始める前も何かと理由をつけて練習をさぼらせようとします。
そんな脳に惑わされないように、言い訳を脳が考える前に走り出してしまう、練習が始まった後も、もう1本、もう1kmと自分に言いきかせて頑張っています。
皆さんは私のように脳の誘惑に負けないでくださいね。