TOPICS


マラソン挑戦奮闘記

...

2017年9月6日

女子陸上競技部マラソンを応援!

当社には女子陸上競技部があります。8/27に開催された北海道マラソンにこの陸上部から2名が参加することとなり、その応援に行ってまいりました。
私は女子陸上競技部の社内後援会の事務局をつとめさせていただいています。シスメックスの女子陸上競技部というと創部当初に野口みずき選手が在籍していました。個人的には、この陸上競技部には、また日本を代表するフルマラソン選手を輩出して欲しいなと願っています。
そういう訳で私が走る大会ではないのですが、大会前日に時間を作って札幌をランニングしました。
旅ラン、出張ランなどと呼ばれますが、旅行先(出張先)を走ることは
・いつもの場所と違うので新鮮にランニングを楽しめる
・観光もできる
などメリットが沢山あります。
地図を見ながらゆったり走り、大通公園、時計台、旧市役所庁舎、北海道大学、北大植物園など、名所に着いたら停まって撮影。タクシーや自転車も良いですが、思いつきでコースを変えることができますし、駐輪場所の心配もいりません。ランニングは他の交通手段よりも機動性に優れているのです。

大通公園全体が北海道マラソンの受付会場に。調子に乗って撮影

北海道大学は並木道がきれい。走ってるだけで楽しくなってきます。

さて、北海道マラソン当日は応援に徹します。札幌営業所の皆さんと一緒に応援ポイントを移動して回りながら、旗を振って応援!私は撮影を担当しており、ちょっとでもいい写真を取れないかと工夫しますが、素人写真しか撮れません。とほほ。
私の撮影技術と無関係に、2名走った女子陸上競技部員(大貫選手、永岡選手)はそれぞれ7位、9位の好成績でゴール!当日は最高気温28.1℃と非常に暑い中、頑張ってくれました!
更に、北海道マラソンは市民マラソンであり、札幌営業所を含め陸上競技部員以外の参加もされており、見つけたらみんなで声をかけていました。
そんな和やかな雰囲気の中、応援も完了。

ランナーを追っかけて撮影しているところ

応援完了後、市民ランナーの皆さんの走りを見ていました。サブ3ランナーは私とは走力が違うから、楽に走っているのだろうなとつい勝手な想像をしてしまうのですが、終盤でサブ3を目指して走る市民ランナーさんを見ていると、私などよりも何倍も必死でした。
いつもよりも練習量の少ない、のんびりした週末にはなりましたが、貴重な経験も得ることができた北海道行でした。